HOME > 歯が抜けてしまった時の治療

歯が抜けてしまった時の治療

歯が抜けてしまったら…

歯が抜けてしまったら…
噛めない部分が出来てしまったら・・・

歯が抜けてしまったり、治療途中のまま放っておいて噛めなくなっている部分はありませんか?このような状態をそのままにしておくと、お口の中のバランスが徐々に悪くなり、その歯だけの問題ではなく、お口全体の問題になります。
そうなる前に、まずは相談だけでもよいのでいらしてください。

歯が抜けた時の3つの治療方法

歯が抜けてしまった時の治療方法は、主に3種類あります。
それぞれにメリットとデメリットがあり、患者さんの生活習慣や残った歯の状態や好みによって、どの治療方法が適しているかは変わってきます。当院では、それぞれの治療方法について丁寧に説明をさせて頂き、患者さんに納得頂いた上で治療を進めるようにしています。

入れ歯(義歯)
入れ歯

プラスチック、金属、樹脂などで作られた土台の上に人工歯が付いているものです。

入れ歯のメリット

残っている健康な歯を削らない、丸ごと洗える、治療期間が短い

入れ歯のデメリット

目立ちやすい、お口の中の違和感が気になりやすい、強く噛めない

●保険適応の義歯

安価で調整もしやすいです。初めて義歯を作る方は、まずこのタイプをお勧めしています。

●マグネット義歯

残っている歯の根っこやインプラント(人工歯根)に磁石を埋め込み、入れ歯にその磁石にくっつく金属を埋め込むことで、お口の中でいつも同じ位置にピッタリと装着できるようになります。

●ノンクラスプ義歯

金属製のバネを使わない入れ歯です。お口を開けた時に入れ歯であることが分からず、違和感も軽減されます。

●金属床義歯

土台に金属を使用するため、薄くて丈夫に作ることができます。また、熱を通しやすいため食事や飲み物の温度を感じて頂きやすい入れ歯です。

ブリッジ
ブリッジ

残っている歯を支えにして、橋を渡すように人工歯を取り付けます。

ブリッジのメリット

お口の中の違和感が少ない、外れにくい

ブリッジのデメリット

健康な歯を削らなければならない場合がある、支えにする歯に負担がかかる、お手入れが難しい

インプラント
インプラント

チタン製の根っこを骨に埋め込み、その上に人工歯を取り付けます。

インプラントのメリット

他の歯に負担がかからない、目立たない、お口の中の違和感が少ない、強く噛める

インプラントのデメリット

費用が高い、治療期間が長い、外科的な処置が必要、治療に対応できない方もいる

診療についてのご相談診療時間平日10:00〜13:00/
14:30〜21:00
土日9:00〜14:30
休診日火曜日・祝日

お問い合わせ

新着情報

一覧を見る

2018/07/20

夏季休暇のお知らせ。 8/13(月)〜8/15(水)の間、夏季休暇とさせていただきます。 ご迷惑をおかけ致しますが、よろしくお願い致します。

2018/06/28

8月の口腔外科医による抜歯治療のお知らせ。 8月3日(金)18:30~、8月22日(水)18:30~。他院にて抜歯困難と言われた方、相談ください。ご予約希望の方はメールフォームまたはお電話でお問い合わせください。事前のご相談も可能です。

2018/06/28

8月の矯正医による矯正・矯正相談のお知らせ。8月12日(日)9時~。8月16日(木)17時~。ご相談は何度でも無料です。ご予約希望の方はメールフォームまたはお電話にてお問い合わせください。

2018/06/03

7月の口腔外科医による抜歯治療のお知らせ。 7月6日(金)18:30~、7月18日(水)18:30~。他院にて抜歯困難と言われた方、相談ください。ご予約希望の方はメールフォームまたはお電話でお問い合わせください。事前のご相談も可能です。

2018/05/16

7月の矯正医による矯正・矯正相談のお知らせ。7月15日(日)9時~。7月19日(木)17時~。ご相談は何度でも無料です。ご予約希望の方はメールフォームまたはお電話にてお問い合わせください。